【終了しました】全国キャラバンin山形を開催します!

 2016年度最後の全国キャラバンは山形県で開催します!『6人に1人の子どもが貧困』と言われても、なかなか実態が見えず実感することが難しいのではないでしょうか。見えにくい、しかし静かに深刻さを増している子どもの貧困について理解を深め、子どものたちのために私たちができることを一緒に考えてみませんか?
 当日は山形県内、東北地方で先駆的な取り組みを行う支援者や若者らの報告やディスカッション、意見交換を行います。参加費は無料で、貴重な機会です。ぜひ、今年度最後の全国キャラバンにご参加ください!

 
 
<子どもの貧困対策 全国47都道府県キャラバンin山形 開催概要>
日時 2017年2月5日(日)  10時~16時
会場 山形市総合福祉センター 交流ホール(山形市城西町2-2-22)
主催  公益財団法人 あすのば
共催  山形県
後援  内閣府、
山形市
助成  公益財団法人 キリン福祉財団
プログラム
 ■第一部(午前の部)10時~12時
  主催者挨拶、趣旨説明 小河光治・代表理事
  共催者挨拶 山形県
 自治体および支援者からの報告『私が想う、子どもの貧困』  <自 治 体>山形県子育て推進部子ども家庭課 担当者
  <ひとり親>川又英子・山形県ひとり親家庭応援センター 相談員

  <学習支援>梁瀬真理・学び場プラス、山形大学3年
  <子ども食堂>西上紀江子・山形てのひら支援ネット 会長

 ディスカッション『(仮)山形ならではの子どもの困りごと』

  ●コーディネーター:高原彩・あすのば子ども委員会、高校3年

  ●コーディネーター:門馬優・あすのばアドバイザー、TEDIC代表  
 第一部まとめ 門馬優・あすのばアドバイザー、TEDIC代表
 
 ■第二部(午後の部):13時~16時
  第一部ふりかえり、第二部趣旨説明 村尾政樹・事務局長
  東北の支援団体によるリレートーク
  (あすのばアドバイザー所属4団体:アスイク(宮城)、インクルいわて(岩手)、
   チャンス・フォー・チルドレン(東北)、TEDIC(石巻) )※予定
  分科会「一目で分かる!理想の山形こども支援マップづくり」
  
(子どもと関わりのある人や子どもを取り巻く環境を整理し、県内地域資源の確認)
  意見交換タイム
  県内支援団体によるリレートーク など
参加費 無料/定員 80人