小中学生合宿キャンプ

 


 2016年3月26日(土)から28日(月)までの2泊3日間、千葉県立君津亀山少年自然の家で「小中学生あすのば合宿キャンプ」が開催されました。全国各地から小学生・中学生23人と保護者4人が参加し、高校・大学生世代のスタッフなども含めて60人が集まりました。

1日目・開会式
1日目・ウェルカムフェスタ
 今回の合宿キャンプは、子どもたちが笑顔で新生活を迎えられるよう学生を中心に企画・運営されました。1日目は開会式に始まり、夜はウェルカムフェスタが体育館で開かれてレクリエーションやテーマソングを歌うなどみんなと楽しく遊びました。2日目は野外炊事をみんなで協力して挑戦し、美味しいカレーライスが出来上がりました。野外炊事の後はフリータイムで思い思いに遊び、夜はキャンプファイヤーでじゃんけんゲームをしたりダンスを踊りました。3日目は「シェアのば」というプログラムで、2泊3日間の思い出をみんなで共有しました。また、保護者プログラムとして、保護者の方は座談会や保養としてフラワーパークや温泉に行ってゆっくりお過ごしいただきました。

2日目・野外炊事

2日目・キャンプファイヤー
 参加した子どもたちからは「楽しかった!」「また来たい!」「今度は各地で開催してほしい!」などの感想をいただきました。また、保護者の方からは「子どものことを高校生・大学生がみてくれて、ゆっくりと温泉に入れたのは10年ぶりでした。」「他の地域の保護者の方とも情報交換をする、とても良い機会になりました。」などの感想をいただきました。
 


 今回の合宿キャンプでの出会いや思い出は当財団としても大切にし、今後の団体運営や対策推進の原動力としてまいります。ご参加いただいた子どもや保護者の方、ご支援・ご協力をいただいた皆様に心から御礼申し上げます。
写真撮影・八木沼卓